戸建ての不動産売却について

外観・内観の見た目の重要

不動産売却の公示価格の下落や高騰に関わる注意点 | 北九州不動産売却クイック査定

不動産売却価格の目安外観・内観の見た目の重要仲介手数料の半額は中間金に

見にきた人への印象がかなり違うようなので、できるだけ掃除はこまめにして、綺麗に片付けておく事がおすすめです。
売却する上では、ローンの残債がある場合は、その価格以上で売れてくれないと自身が現金で追金をして登記されている抵当を外してもらわなければ売却できないので注意が必要です。
残債がなければ何等問題はありませんが、買い手が決まって不動産を明け渡す際には、権利書は必須書類なので予め用意しておいた方が良いです。
権利書は結構紛失している人も多くいるようで、特に相続で入手したものを売却する時に権利書が見当たらないというケースがあるようで、再発行も可能ですが、費用が別途発生する事と、日にちがかかるようです。
基本的に、現状のまま買い受けてもらう旨、伝えておくと設備に不具合が生じた場合でも保証はしなくても良いそうです。
また、家自体の保証の引き継ぎも確認しておく事も必須です。
10年保証や太陽光パネルなど、中には引き継ぎできないものもあるみたいです。
それらに関する書類は新しい買い手に全て渡す事になります。
不動産会社に入ってもらうと当然の事ながら費用は発生しますが、契約当日までは費用を支払う事はありませんでした。