戸建ての不動産売却について

仲介手数料の半額は中間金に

契約時に仲介手数料の半額は中間金のような感じで徴収されました。
残りは明け渡し時に支払いで、募集をしている段階でのチラシや掲載料などは徴収される事はありませんでした。
住みながらの売却は、買い手が見つかった場合、契約から明け渡しまでの間に新居を見つけなければならず、その期間も2ヶ月は取って貰えたので、バタつく事なく探す事もできました。
もう少し長めにという場合は予め条件付きといった形で募集をする事も可能なようです。
税金については、その年の確定申告に間に合わなければ、次の年に行いますが、住み替えなのか等で控除もあったりするので、担当してくれた営業さんに確認すると教えてもらえました。
売り手より買い手の方が慌ただしい段取りにはなりますが、全て依頼した会社の担当者がスムーズに段取りをしてくれ、連絡も前もってしてくれるので、早期で決める事もできました。
引っ越し会社も紹介してくれたり、不要な荷物引き取り会社も紹介してくれて助かりました。
個人売買だとそういう事もなかなかできないのが現状だと実感しました。
複数の会社に依頼するのも可能ですが、なるべく不動産から近い会社がおすすめです。
フランチャイズより地元の会社の方が顧客も多めだと思います。

不動産売却価格の目安外観・内観の見た目の重要仲介手数料の半額は中間金に