戸建ての不動産売却について

不動産売却価格の目安

不動産売却価格の目安外観・内観の見た目の重要仲介手数料の半額は中間金に

戸建ての不動産売却を検討している人にとっては、できるだけ高く売れて欲しいというのが本音ですが、売却しようとしている場所や物件の状態にもよって、ある程度価格の目安はあります。
不動産会社にまずどれくらいで売れるか査定見積りをしてもらいますが、依頼する会社によって価格も多少誤差があるので、複数にまずは依頼するのが得策かもしれません。
その会社が自ら買い主となって買い取りしますというところもありますが、買い取りだと一般の人に買ってもらうより安くなってしまうので、急ぎでなければ一般の人に買ってもらう方が良いと思います。
査定はどこの会社も無料でやってくれて、丁寧に流れなども説明をしてくれて何等不安はありませんでした。
個人でやる人もいるみたいですが、やはりプロに間に入ってもらった方が後々のトラブルなどが回避でき、特に住んでいたものを買ってもらうので、設備など不具合があったりそういったトラブルは多いようです。
あまりに販売価格が見合わないと、募集をかけてもなかなか内覧希望の連絡がなかったりしますし、突然内覧希望者が現れる事もあるので、住みながらだと気遣いも必要にはなります。
自身は住みながら募集をかけていたので、いつでも内覧できるようにある程度いつも掃除はしていました。

マイホームなどの不動産を売却する流れ

会社の転勤のために、今まで住んでいたマイホームから引越しをすることになってしまいました。
現在住んでいるマイホームは、結婚をする時に購入した一戸建ての住宅です。
子供が高校入試などがある時期では、単身赴任という形にしてマイホームを手放さない事もできました。
しかし、子供がまだ小さいため、家族全員で転勤先に引っ越す事に決めました。
引っ越し先では会社が用意した社宅に住む事になっているので、引越し先を探す手間などがありません。また、現在住んでいるマイホームの売却資金を使って新しいマイホームを購入しなくて良いので、マイホームの処分を急ぐ必要がないのでじっくりと話を進めることができました。マイホームなどの不動産は、個人でも売却する事ができます。しかし、購入者を探したり、手続きなどが複雑なので個人で全ての手続きを進めるのは難しくなると考えました。どのような流れで手続きを進めるのかも分からないので、不動産業者にマイホームの売却を依頼する事にしました。不動産業者に依頼する前に、自分のマイホームの相場を調べてみました。インターネットを使い自宅付近の相場を調べて、どの程度の価格で取引をしているのかを調べました。インターネットの検索サイトや業者のホームページに掲載されている価格などで、マイホームの価格はある程度予想する事ができました。この後は、依頼する業者を選ぶ事になります。どの販売業者が良いのかあまり分からないので、親戚や知人などから販売業者の評判を聞いてみました。親戚や知人などの評判が良い数社の販売業者に相談してみる事にしました。マイホームの売却には、法律や様々な手続きや媒介契約の種類など、分からない事がたくさんあります。分からない事や専門的な内容の事などを、分かりやすく説明してくれ信用できる販売業者を選ぶようにしました。相談をした販売業者に中から数社を選び、その販売業者に自宅の査定を依頼しました。査定結果がでるまで数日あったので、部屋の片付けなどをしながら結果が出るのを待っていました。数日してから全ての業者から査定額が提示され、この中から査定額と信頼度などで依頼する販売業者を選びました。大切なマイホームの処分を依頼するので、査定価格に高さだけで決めてしまうと良い結果にならない事があると親戚からアドバイスをされました。複雑で分かり難い手続きがたくさんあるので、信頼できるとい事はとても大切になります。依頼する販売業者が決まったら、媒介契約を結ぶ事になります。媒介契約には、専属専任媒介契約と専任媒介契約と一般媒介契約の3種類の契約方法があります。専属専任媒介契約は、1つの業者との契約になり自分で購入者を探す事はできません。専任媒介契約も、専属専任媒介契約と同じように1つの業者にしか依頼する事はできません。違う点は、自分でも購入者を探す事ができる点です。一般媒介契約は、他の媒介契約と違い数社と契約ができます。また、自分で購入者を探す事もできます。担当者の方がとても親切で親身になってくれる人なので、全てを任せる専任専属媒介契約で依頼する事にしました。専任専属媒介契約のメリットは、手続きなどを相談出来る以外にも様々なメリットがあります。そのメリットの一つは、不動産の情報ネットワークにマイホームの情報を登録してくれる事です。いくら信頼できる販売業者でも、1社だけでは購入者が見つかるのか不安になってしまいます。しかし、不動産の情報ネットワークに登録すれば、数多くの人に情報を知らせる事ができます。そのおかげで、考えていたよりも短期間で購入者を見つける事ができました。この後、販売業者を交えて売買契約を結び、引越しをするのと同じタイミングでマイホームの売却ができました。